2020年 世界キリンの日(6月21日)より、
3年に渡るパートナーシップを結び、様々な形でサポートを展開!
2020.06.16

このニュースをシェアしよう!

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(東京都千代田区神田神保町)にて取り扱いのシングルモルト・ウイスキー、グレンモーレンジィは、ブランドの1つのシンボルとして表現してきた絶滅危惧にあるキリンの保全活動を、スコットランド王立動物学協会および、キリン保全財団とパートナーシップを結び、世界キリンの日である2020年6月21日(日)よりスタートいたします。

完璧すぎるウイスキーと評されるグレンモーレンジィは、そのこだわりやフルーティーで華やかな味わいがウイスキービギナーからエキスパートまで多くのファンを魅了しています。

グレンモーレンジィは1843年の創業時から、スコットランドでもっとも高さのある蒸留器を使用しており、それは大人のキリンとほぼ同じ5.14mほどもあります。背の高いポットスチル(蒸留器)は、繊細で華やかなアロマを持つ原酒を抽出でき、グレンモーレンジィの味わいの大きな特徴の1つとなっています。キリンをブランドの1つのシンボルとして表現してきたグレンモーレンジィですが、実はキリンは絶滅の危機に瀕しており、6月21日の世界キリンの日を祝して、グレンモーレンジィはキリンの保全活動を開始いたします。

アフリカの南部を中心に生息するキリンは複数種いますが、過去30年間でその生息数が30%以上も減少しており、その頭数は約11万頭弱。多いように聞こえますが、アフリカに生息するゾウの約1/4ほどしかいないと言われ、国際自然保護連合(IUCN)が定める絶滅危惧の恐れのある種のレッドリストに含まれています。リストではキリンの1種が「危急」、複数種が「絶滅寸前」と「絶滅危惧」に指定されています。アフリカの大草原で葉を食む優雅なキリンの姿は、人々を癒してきましたが、絶滅の危機に瀕していることは残念ながらこれまで大きく取りざたされることはありませんでした。保全活動は様々取り組まれ、近年では少しばかりの頭数の回復は見られるものの、大きな改善への道のりはまだ遠いのが現状で、専門家は「静かなる絶滅」を迎えているという警笛を鳴らしています。

グレンモーレンジィでは、キリンの保全活動のサポートとして、スコットランド王立動物学協会および、キリン保全財団と3年に渡るパートナーシップを結びました。活動は2022年末までとし、様々な形での保全活動のサポートを展開していくことでキリンの保全に大きく貢献できることを期待しています。

「静かなる絶滅」と危惧されるキリン

キリンはこれまで1種しか存在しないと認識されてきましたが、調査によると9亜種生息していることが判明しています。生息地域はアフリカ南部を中心とし、現在の頭数は約11万頭弱とされています。

人口増加や政治的背景、密猟、家畜の過放牧、気候変動などの様々な理由によってキリンの生息地は脅かされています。その生息数はアフリカ全体で、この30年で30%以上という大幅な減少が見え、大型哺乳動物のなかでも特に絶滅の危険性が高いとされていますが、ゾウやサイ、ライオンなどの個体群の減少の呼びかけとは異なり、その危機的状況にはこれまで大きな関心が向けられなかったのが現状です。中でもより希少な亜種であるヌビアキリンは、ウガンダを中心に3,000頭しか生息していないと言われ、深刻な絶滅の危機に追いやられています。

キリンの生体と保全状況
体高 オス 5.3m / メス 4.3m
体重 オス 1,200Kg / メス 830Kg
速度 時速 50Km
食性 植物食(木の葉、若芽、小枝などを中心に食べるが、果実や草本を食べることもある)
分布 アフリカ大陸、サハラ以南エリアの21か国に生息が確認されている
寿命 約25年
捕食者 ライオン、レオパード、ハイエナ、チーター、クロコダイル、人間
保全状況 国際自然保護連合(IUCN)はキリンを絶滅危惧の恐れのある種のレッドリストに加え、1種が「危急」、複数種が「絶滅寸前」と「絶滅危惧」に指定されている
グレンモーレンジィのキリン保全活動とパートナーシップ
COMING SOON

グレンモーレンジィのキリン保全活動を象徴する限定商品です。グレンモーレンジィのアイコン商品であるグレンモーレンジィ オリジナルが、キリン柄のケースに入ったギフトボックスとして2020年末に向けて発売予定です。お楽しみに!

最新情報をお知らせします

最新のニュース

過去のニュースを見る

商品ラインナップ