Ruinart

Ruinart at BLOCK HOUSE

ルイナールが2016年より参加している国内外の気鋭の写真家による作品の展示を中心とした
国際写真祭「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」が東京で開催されます。

2017年8月にメゾンルイナールを訪れ、ルイナールの比類なき「サヴォアフェール」、
シャンパーニュ造りにかける造り手の熱い想いなどの「人間的側面」、「歴史」、「文化」などの
要素を取り入れた8点の作品を制作したリウ・ボーリン。

BLOCK HOUSEでは今年3月にフランスで行われたお披露目イベント時に制作された
「牡蠣の昼食」を世界で初めて公開いたします。

Tokyographie

国内外の気鋭の写真家による作品の展示を中心とした国際写真祭。
2013年より毎年4月~5月に京都で「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」を開催。
Ruinartは2016年より参加。東京での開催は初の試み。

Ruinart会場

BLOCK HOUSE

会期  :2018年11月23日(金) 〜 12月9日(日)

営業時間:12:00~19:00 (月~木)
12:00~20:00 (金~日)

blockhouse.jp

Ruinart at
KEISUKE MATSUSHIMA

渋谷区にあるKEISUKE MATSUSHIMAにて
TOKYOGRAPHIEイベント期間中ルイナールをグラスでお楽しみいただけます。
この機会にもぜひお楽しみください。

KEISUKE MATSUSHIMA

東京都渋谷区神宮前1-4-20 パークコート神宮前1FMAP

TEL:03-5772-2091

keisukematsushima.tokyo

KEISUKE MATSUSHIMA

東京原宿にある東郷神社に隣接する緑に囲まれたフレンチレストラン。

本場フランスで外国人として最年少でミシュラン一つ星を獲得し、その後10年連続星を獲得したシェフ松嶋 啓介氏によるレストラン KEISUKE MATSUSHIMAは都会にいながらまるでリゾートに来たかのような落ち着いた空間で贅沢なひとときをお楽しみだけます。

2013年に始動した伝統と文化の街 京都を舞台に開催さる日本では数少ない国際写真祭の1つである「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」。京都市内の歴史的建造物や近現代建築の施設を会場に、日本および海外の作品や貴重な写真コレクションを展示。毎年 伝統工芸職人や最先端テクノロジーとのコラボレーションを実現している。
Ruinartはオフィシャルスポンサーとして参加。
2018年は中国人の現代アーティストのリウ・ボーリンがルイナールにために撮り下ろした作品を「Y GION」にて展示をおこなう。

「アルフォンス・ミュシャはアールヌーヴォーを代表する人物で、この作品に取り組んでいる時には、何かとてもパワフルな感情の高まりを感じました。」

リウ・ボーリン

「私たちは職人で、彼はアーティストですが、互いに目的とするものを作り上げる工程には共通するものがあります。」

フレデリック・ パナイオティス
ルイナール最高醸造責任者

LIU BOLIN リウ・ボーリン

1973年中国山東省生まれ。
自らの体にボディペイントを施し、背景と融合することでシルエットだけが見える作風のセルフポートレイトが有名。「見えない男」として知られる現代アーティスト。北京を拠点に活動している。2017年はファッションブランドMONCLERともコラボレーションをし活動の場を広げている。

LIU BOLIN

Contact

Pagetop