Ruinart

ルイナールと京都国際写真祭

2013年に始動した伝統と文化の街 京都を舞台に開催される
日本では数少ない国際写真祭の1つである「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」。

京都市内の歴史的建造物や近現代建築の施設を会場に、
日本および海外の作品や貴重な写真コレクションを展示。

毎年 伝統工芸職人や
最先端テクノロジーとのコラボレーションを実現している。
Ruinartはオフィシャルスポンサーとして参加。

2019年はブラジル人アーティストのヴィック・ムニーズがルイナールのために製作、
撮り下ろした写真作品を「ASPHODEL」にて展示をおこなう。

「ブラジル人芸術家 × シャンパーニュ職人」
「メゾン ルイナールがヴィックが持つ創造的な世界観を作品を通して表現することを依頼すると、彼はまず原点に戻りました。それは大地とブドウ畑であり、私が技術のためにインスピレーションを得る場所なのです。」

フレデリック・ パナイオティス
ルイナール最高醸造責任者

Vik Muniz ヴィック・ムニーズ

1961年サンパウロ生まれ。
「ロ―テクの魔術師」としてリサイクル可能な素材や身近な材料を使い数々の写真作品を発表。写真撮影、彫刻、ビデオ、そして様々な素材など、多くの表現手段を用いて作品を生み出し、現実と記憶との私たちの関係について問いかける作品を発表し続けています。現在はニューヨークとリオデジャネイロを拠点に活動中。

Vik Muniz

Ruinart at ASPHODEL

ASPHODEL では期間限定で作品の展示と京都の名店による
日替わりのRUINART ART BARをオープン。
RUINART ART BARの営業時間は連日異なります。
この機会にぜひお立ち寄りください。

ASPHODEL

  • 会期:2019年4月13日(土) 〜 2019年5月12日(日)
  • 展示会場:12:00 〜 21:00

展示会場の運営時間はRUINART ART BARの運営時間とは異なります。

京都府京都市東山区末吉町99-10MAP

Contact

Pagetop