LUXURY SPIRITS | RON ZACAPA

雲の上で熟成するプレミアムな味わい
海抜2,300メートル。雲より高い場所で熟成される美味なラム酒、ロン サカパ。その天国のような味わいは、古代マヤの歴史が息づくグアテマラの緑豊かな大地と気候のもとで造られています。肥沃な火山性の土壌と熱帯地方独特の太陽の光。恵まれた環境で育ったサトウキビの一番搾り汁を濃縮したバージン・シュガーケイン・ハニーだけを使い蒸留された原酒は、やがてグアテマラ高地への旅に出かけます。そして、高山の冷えた空気の中、独自の「ソレラ システム」でゆっくりと熟成され、類まれなるなめらかな甘みと奥行きのある味わいとなるのです。ラムの概念を超えた深い味わいは、1997年には全酒類が対象となるビバレッジ・テスティング・インスティチュート・オブ・シカゴで、95点の高得点で金賞を受賞しました。また、1998年から2002年までの毎年、国際ラムフェスティバル コンペティションのプレミアム ラム部門で5年連続金賞を受賞し、2003年には初の殿堂入りラムとなりました。ボトルを飾るマヤ王朝時代から伝わる手織りの「ペタテ」には、この極上なラムを生み出す「空と大地の結合」が表現されています。

ロンサカパ

ベルヴェデールフェースブーク

Aged Above the Clouds Heavenly Taste
2300m above sea level.  The world best tasting rum Ron Zacapa is matured above the clouds. Its heavenly taste is the creation of Guatemala’s rich soil and climate, where Mayan tradition still run deep; the fertile clay-rich volcanic soil and the rich sun.  Distilled from Virgin Guatemalan sugar cane honey, the base spirit then travels to the cool Guatemalan Highlands and is slow-matured through a Solera system for an incomparable sweet smoothness and complexity of flavour.  Each bottle is adorned with a ‘petate’ band woven according to an ancient Mayan tradition which represents the harmony of sky and soil, the same principles with which the rum is crafted.
PRODUCT LINE UP